働き者のイーゴリ

イーゴリは働き者だった



昼も夜も働いた



春も冬も働いた



父と母のために



妹と弟のために



手を豆だらけにして



毎日鍬を振るった



小麦を刈った



薪を運んだ



イーゴリは泣き言ひとつ言わなかった



若く美しく逞しいイーゴリに、村の娘達は毎朝見惚れた



鍛冶屋も粉屋も宿屋も密かに彼に一目置いた



村中に聞いてごらん



みんな口を揃えて答えるさ



ああ、イーゴリは働き者だった



イーゴリを雇いたい?



それは残念



彼はもう働けない



イーゴリは死んだ



ずっと前に死んだ



彼は今も



遠い遠い死者の国で



神のために働いているだろう

DANS LE NABE 🄫GUCH since 2017