しばらくの間、珍しく元気だった伯爵が再び塞ぎこんでしまい、執事たちは頭を抱えた。伯爵は舞踏会の夜、目を開けて天蓋が広がっていたことで何が起こったか自覚した。その後彼は自室に篭り、ベッドの上から動かず、服も夜着から着替えずに陰鬱な日々を過ごしていた。罪悪感と義務感から必要な書類にだけ目を通し、印を押すことだけはしていたが、それ以外何もやる気がでなかった。そして、自分は判を押すしか能のない伯爵なのだと、さらに落ち込むことを繰り返していた。

紙の上の字を辿るのに疲れた伯爵は、顔を上げ、暦は春だというに、降り積もる雪を眺める。この深雪の向こうで、領民たちが働き、汗を流し、互いを慈しみ、愛し合っている光景を彼は想像した。寂れた城で暮らす伯爵は、温もりに包まれ、手を動かすこともなく生きていることに後ろめたさを感じた一方、平民の泥臭く暖かい世界は彼にとって異世界に等しかった。ジーナの語る平民の暮らしは伯爵の心を揺り動かしたが、それでも、それは眠る前に昔話を聞く子供が味わう感情と同じだった。伯爵自身は、窓から見える領民たちに声をかけたことも久しくないのだから。

昼も心が晴れない伯爵は、夜も小姓と男爵が交わりあい、小姓に触れることもできない伯爵が笑われる夢を見て、満足に眠ることもできなかった。伯爵は、小姓と男爵に嫉妬する自分も、劣等感を持つ自分も、彼らを汚らわしいと感じる自分も、白い雪に溶かして消したいと思った。もっとも彼がいくら苦悩していたとしても、傍から見て、怠惰な貴族と同じ生活を送っているのに変わりはなかった。

 

伯爵のメランコリックが始まって7日経とうかという時のこと。世界の終末を一人待つ彼の世話をしていた少女は、遂に男爵の噂について問うた。それは伯爵の不甲斐なさに愛想を尽かし、発破をかけようとしたわけではない。身分が絶対である社会の下生き抜いてきたジーナは、平民で居候の自分が伯爵の世話をするのは当然だと思っていた。そして伯爵は、自室に篭りながらも最低限のことはこなし、村人の諍いについて執事に相談された時はひどく自信なさげに吃りながらではあったが、適切な処置を下させていた。それだけで、以前の領主や他の領主の悪評を聞き慣れていたジーナにとっては、伯爵は怠惰でも良き領主だった。この厳しい自然と理不尽な重税、重責に耐えてきた農奴たちの期待値は、限りなく低かったのだ。

それはともかく、ジーナが何故今になって聞いたかといえば、7日経てば伯爵に与える衝撃が小さいと考えたからだ。よく言えば無害、悪く言えば御し易い伯爵に心臓麻痺で死なれ、何処ぞの傲慢な貴族が領主の座に就くことは彼女にとって避けたいことだった。加えて、衣食住を提供してくれる主人への情も小さじ一杯程あった。

 

「ああ……噂に関しては聞いているよ。」

羽毛布団に包まって芋虫のような体勢で話を聞いていた伯爵は、顔だけ布団から覗かせ、ジーナの予想外の返事を返した。

「私は男爵を信じたいが、こうも不幸が続くとね……けれど、彼は…エリクは私が何を言っても男爵の下は去らないだろう。」

伯爵は灰色の目を伏せ、深いため息をついた。伯爵は噂を知っていて事態を放置しており、それがまた毎晩彼を悩ませていたのだ。人畜無害であることは時に有害である。伯爵の半端な人の良さがまた、彼の決断力を弱くしていた。

「男爵を一瞬疑ってしまうこともあるんだ。だけど、それは私が彼に嫉妬しているからだろう。」

伯爵にとって、愛人を寝とったとしても、男爵は城を訪れる唯一の友人だった。第三者が見て親友だと形容するにはぎこちない関係であったが。魂が純粋な伯爵は、友人を疑う自分の罪深さに怯えていた。他方、伯爵と違い男爵に何の情もないジーナにとっては、彼は真っ黒な存在である。

「四人も彼の傍にいた人が亡くなれば、疑われて当然だと思いますが。そして、私から見ても、男爵は危険な人物に見えます。彼の笑顔には裏を感じますし、貴方の恋人を奪いながら平然と友人の顔をしている。」

少女は抑揚のない声で淡々と述べた。伯爵は、恋人という単語を耳にすると悲しげな顔をし、枕に顔を埋めて呟く。

「エリクのことは……私が悪いんだ。私が、彼の望むものを与えられなかったから。」

エリクという少年は貴族階級だと聞いていたジーナは、貴族の少年にとってはこの城での豊かな生活では不十分なのか、と疑問に思った。帝都に比べれば確かに佗しいだろうが、彼も伯爵よりは下の位であろうし…と思案を巡らせたところで、舞踏会で伯爵が倒れる前に目にした妖艶な少年と男爵のやり取りを思い出す。察しの良いジーナには、伯爵が与えられなかったもの、が何なのかわかってしまった。伯爵は女性が苦手なだけで愛人の少年には…と思っていたが、白い関係だったのか、とジーナは考えた。

伯爵は、女性とは話しをすることもままならなかったが、愛しい少年相手であっても素肌に触れることはできなかった。忌まわしい幼き日の記憶が、どうしても彼にそれをためらわせた。もし少年、エリクがともに傷を癒す歳月を過ごしてくれれば伯爵もいずれは彼に与えることができたかもしれないが、エリクが欲しかったのは、穏やかな愛ではなく燃えるような恋だった。伯爵が、それが原因で去られたのは、エリクだけではない。それに、伯爵がまだエリクよりもジーナよりも幼かった頃には、淡い初恋を抱いていた女の子もいた。けれど、成長した彼女に手を握られただけで、伯爵は眩暈を覚え、吐き気を催した。憧れていた少女の姿を、記憶の中の悍ましい義母と義姉の姿に重ねてしまった伯爵は、それからずっと、女性を避け続けた。

伯爵の苦悩の一部を推察したジーナは、少し彼に同情した。もっとも、彼女は伯爵の過去は知らないので、潔癖症程度にしか思っていなかった。そして伯爵は見目麗しい少年を小姓にして愛人のように侍らせたとしても、手は出さないということは、今現在その代替をしているジーナにとっては良い知らせであった。伯爵が自分に手を出す度胸はないと踏んでいたジーナだが、二人の関係が発展することを危惧した者たちに解雇される可能性を危惧していた。しかし、執事はじめ伯爵の潔癖症を知っている城の者たちならば、男装した少女と伯爵の関係を疑うものはいないだろう、とジーナは確信した。伯爵家の存続を危ぶむ執事はむしろ期待していることなどは彼女の知らぬところであったし、彼女に直接言う程執事は良識に欠けていなかった。

NEXT

​感想・ご質問等