二日前から、男爵は帝都に出かけており、館を留守にしていた。屋敷を出る前、男爵は屋敷中の部屋に通づる鍵を、今や女主人であるレーシャに預けた。そして彼女に、

 

「片付いていない部屋もあるから、あまり見ないでくれ。」

 

と、軽く言いつけ、馬車に乗った。しかし、遊び相手もおらず、有能な使用人達に指示も聞かれず、暇なレーシャは、退屈を紛らわせるように屋敷を散策し、片っ端から戸を開け、中を覗いた。男爵の部屋だけは鍵がないので開けられなかったが、他の部屋は開けることができた。扉を開くたびに、趣の違う装飾や様々な高価な調度品、芸術品が現れ、レーシャを楽しませた。自分の家の中を駆け回って探検していた幼い時のように、レーシャは思いの外奥深い屋敷を隅々まで探索しようとした。

そして、目敏い彼女は、書斎の本棚が押すと移動する、隠し扉になっていることを発見してしまった。

 

レーシャは躊躇うこともなく本棚を回転させ、壁に現れた扉の鍵を探し出して扉を開いた。扉の向こうには暗闇が広がっていたので、レーシャはランタンで足元を照らしながら地下へと続く階段を降りる。無邪気な彼女は噂も男爵の言葉も忘れており、隠し扉の先が地下へと続いていることを訝しむこともなかった。階段はレーシャが予想していたよりも長く、地下の空気の冷たさに彼女は身震いした。

カツン、カツン、と、彼女のくつ音だけが広い空間にこだまする。まだ地面にたどり着かないのか、と流石に不安になったレーシャが引き返そうかと思った時、ポチャンと地に落ちる雫の音に気づき、地下室についたと知った。何があるのかとランタンを掲げると、中世の地下牢のような石壁に囲まれた空間が広がり、アイアン・メイデンや古めかしい武具が置かれていた。レーシャは少し不気味に思ったが、男爵の先祖が使用していたものか、博物趣味で集めたのだろうと考えた。手前の机の辺りを照らすと、頭蓋骨があり、思わずレーシャは小さな悲鳴を上げた。よく見ると頭蓋骨は加工されて杯になっていた。男爵が使用しているのか、嫌な想像をしてしまう。レーシャはもう引き返そうかと思ったが、好奇心か、新たな夫への不安を取り除くためか、アイアン・メイデンの蓋に手をかけ、開いてしまった。

 

幸い、中には人の死体はなかった。

 

すこし赤黒いものがこびりついているようにも見えたが、きっと大昔に使用されたものだと、レーシャはそう信じようとした。とはいえ、数百年前のものだと思っても、気持ち悪くなってきた彼女は、階段の方へ戻ろうとした。

 

「きゃっ」

 

その時、何か生暖かい物がドレスの隙間にのぞく彼女の足元に触れ、レーシャは驚いてランタンを落としてしまった。光に照らされたそれは鼠であることに彼女は安堵する。そして、衣装箱が足元に置いてあったのに気づく。彼女は思わずしゃがみこんで、その箱に手をかけていた。絹織物を売る商人の娘として、中世の豪華な布や衣服が入っていたら見たいと思ったのだ。それとも、地下室にある何かが、彼女を異常に不注意にさせたのかもしれない。箱には錆びた鍵がかかっていたが、ハンマーで叩いて壊す。昔から彼女はお転婆娘として家族の手を焼かせていた。色々な家のものを壊し、叱られた日々を懐かしみながらレーシャが箱を開ける。中身は、思っていたより当世風の良質な布のドレスが乱雑に詰められていた。レーシャは綺麗な刺繍をよく見ようとランタンを近づけ、気づいてしまった。

 

「な、なんてこと……」

 

仄暗いランタンの明かりでもはっきりと分かるほど、ドレスは血まみれだった。