伯爵の憂鬱ながらも平穏な日々が続き、男爵への恐れを忘れかけていた頃のこと。真夜中、城の門をけたたましく叩く音に居眠りをしていた門番が起こされた。あの孤立した伯爵を深夜に尋ねる者などいるのか、まさか本物の幽霊か?と門番は開けるのをためらったが、音が鳴り止まないので、渋々、無用心にも門を開け、

 

「わあ!」

 

門番の青年は音の主を見て叫んだ。ランタンの明かりが暗闇に、長い髪を振り乱し、血走った目の女を浮かび上がらせたのだ。女は、必死の形相で門番に掴みかかってきた。

 

「お願い!伯爵様に保護を求めたいの!!私は隣の領地に居を構える商人の娘よ!!!早く、お城に入れて、でないと、あいつが、悪魔がくるかも、」

 

「ひっ、ゆ、許してくれ、よくわからんが、許してくれ〜っ!!」

 

動転した門番は女の話を聞いていない。もはや門番には女は悪霊に見えている。

 

「何言ってるの、早く、ねえっ!!!」

 

「イイスト・ハリストス、我を助け給へ…」

 

「貴方でなく、私を助けてよっ!!!」

 

「ぶっ」

 

埒があかないと思った女は主に祈り始めた門番の頬を打った。

 

「い、いた…何するんだっ!!!!………あれ、………あなた、もしや生きてます?」

 

「だから死にそうだと言っているでしょう!!!!」

 

頬を打たれて我に返った門番がよく見ると、気迫のあまりに悪霊かと思った女は、よく見ると整った顔立ちをしており、言葉遣いも村人より上流階級のものに聞こえる。

 

「もしかして貴族様で?とんだご無礼を……」

 

門番は自分の無礼に真っ青になり、足を揃えて居直る。女は態度よりも聞く耳を貸せと言った様子で切羽詰まっていた。

 

「私は金持ちなだけの平民よ!それより早く、」

 

「ははあっお金持ちの!確かにお召し物も高価な絹でいらっしゃる、しかしそんなに汚されて。ところどころ擦り切れているではありませんか。それに肌もこんなに冷たい!死んでしまいますよ!!早く城の中へ!!!伯爵様は不気味だのなんだの言われておりますが心はお優しい方ですからね、きっとよくしてくれますよ、」

 

「………そう、では、お邪魔させていただきますわ。」

 

女は一刻も早く安全な場所に行きたかったので、門番への不満は一旦飲み込んだ。

 

 

「男爵の新しい花嫁!?この間、奥方を亡くされたばかりだというのに…。寝耳に水だ。」

 

伯爵は寝ぼけ目だった半目を開いて驚く。夜中に起こされたので、シャツの上に、東方の布を使ったガウンを羽織っただけの姿だが、女性は突然の来訪に対応してくれたことに感謝した。社交界に顔も出さない伯爵は、男爵の新たな結婚の話も全く知らなかった。執事は帝都の政治にも通じろというが、伯爵は領民と自分の暮らしに直接関わる情報以外に関心がなかった。領地内の話ですら、本当に気にかけ始めたのは、ジーナと友人になってからのことである。

 

「そうなのです。私も噂は存じていましたから、この縁談は断りたかったのですが、父が…男爵は貴族であるし、この時世立て続けに妻を亡くすこともある、不幸な彼を支えてやれと…」

 

女性の父は絹織物商で男爵が得意先だった。父と共に男爵の舞踏会に招かれた際、彼女は男爵に見初められてしまった。彼女は男爵と親交があったわけでも、踊った訳でもなく、求婚の話を聞いた時には、彼の顔を間近で見たこともなかった。その上、妻を亡くしてすぐ結婚を申し込む男爵には不信感しかなく、彼の少年愛の話も耳に入れていたため、全く気が進まなかった。しかし、三人娘の末っ子である彼女の行く末と家の繁栄を案じた父は、男爵の求婚を了承してしまった。

 

「それは…辛い想いをされたね。」

 

伯爵は気の毒そうに言った。伯爵は彼女とかなり距離を取って座っていたが、レーシャという名の彼女に共感し、同情した。毛布に身を包んだ彼女も化粧の落ちた顔しか覗かせていなかったのも、彼の心を落ち着かせた。

 

「ありがとうございます…。」

 

「……それで……」

 

「ええ、何故このような身なりで伯爵様に助けを乞うたか、でございますね。……、ああ、本当に、あの男は恐ろしい……」

 

涙を拭いながら話すレーシャは、寒さと恐怖で震えていた。伯爵と違い、正装に身を包み、無言無表情で話を聞いていたジーナは彼女の背をさすってやり、グラスに注いだウォッカを勧める。レーシャはアルコールで身体を温め、彼女に襲った災難について語り始めた。