血塗れのドレスは、ここ数年流行り始めた、西の大国風のデザインのものだった。平民ではない、上流階級が着るものだ。男爵の前の奥方が着ていたのかと、レーシャは思った。この数日で男爵を信用し始めていた彼女は、これもきっと、何かの間違いだと、否定したかった。物語の王子のような彼と、美しい屋敷で幸せに暮らす未来を夢見たかった。しかし、誰かの血に濡れたドレスを見てしまった彼女はもう、見て見ぬ振りをして幻想にすがることはできなかった。

 

「甘い嘘より苦い真実」

 

祖母が口うるさく言っていた諺を口に出して自分を勇気付け、レーシャは箱の中をさらに探った。

 

 

衣装箱の中には、ドレスの他に、少年が身につけるようなズボン、夜着、そして農民が着る昔ながらのシャツもあり、皆大なり小なり血に汚れ、所々破れたり、切れていた。底の方には、真っ赤に染まったドレスもあった。レーシャを更に青ざめさせたのは、箱の中の血だらけの服が、4着以上あったことだ。男爵が殺したのは、妻と愛人だけではなかったのだ。さらに、ランタンで部屋の奥を照らすと、石壁にも赤茶けた血がこびりついているのに気がついた。よく目を凝らすと、天井にぶら下がっているナイフの刃先も、置物だと思っていた昔の武具にも、全て血の跡が見える。

 

「あ、あ…」

 

レーシャは、地下の全てが残虐な行為の痕跡であることに気づき、身を震わせた。あまりの恐ろしさに悲鳴も出せなかった。しかし、レーシャを恐怖に落とすのは血痕や被害者の身につけていたもので、彼らのものかも分からぬ頭蓋骨以外、どこにも死体は見当たらない。燃やしたのか、埋めたのか。男爵が、死体は消すのに、衣服や凶器は残していることが、余計恐ろしく思えた。死体が埋まった土地で優雅にこの数日暮らしていたのかもしれないことも、悪魔を愛しそうになっていたことも、若い彼女には耐えがたい残酷な事実だった。

 

ガタン、

 

「ひっ」

 

どこかで物音が聞こえた気がしたレーシャは、思わずアイアン・メイデンの後ろに隠れる。先ほどの勇気は何処へやら、あまりの恐怖に、身がすくんでいた。男爵が帰ってきたら、彼女もこの地下室で殺されてしまうのだろうか。あの衣装箱の中の服の持ち主たちは、ただ命を奪われるだけではなく、散々いたぶられて、殺されたのだ。その様子を想像してしまい、レーシャの足がすくむ。そもそも、男爵は何故身を危険に晒すようなことを、レーシャに鍵を渡すようなことをしたのか、彼女は考える。男爵はあまり多くの部屋を見るな、と彼女に言った。彼女は、父と親しい男爵が、お転婆なレーシャがそう言われて、どのような行動に移るか予測できていた可能性に思い当たる。

 

もしも鍵を渡したのは、彼女をここにおびき寄せる罠だったとしたら?

 

自分はもう喉元に剣を突きつけられている。レーシャは理解した。そう思うと、頭が冷えて、彼女は冷静に考えられるようになった。男爵は、今日の日没前、あと数刻で帰ってくるとレーシャに言ったが、実際はもっと早く戻って、この地下室まで来るかもしれない。あの長い階段を登って、重い本棚を戻して、間に合うだろうかと、レーシャは不安になる。彼女はエリクのことも疑っていた。男爵の罪を彼が知らなかったとしても、例えばレーシャが書斎に行ってしばらく戻ってこなかったことや、隠し扉を発見したことなどをエリクが告げ口する可能性は十分にある。

 

コツン

 

遠くの方で、誰かの足音が響く音がレーシャの耳に届いた。レーシャの頭は、かつてないほど速く回る。男爵の屋敷は当世風だが、地下室は最近掘って作られたものとも思えない堅牢なつくりだった。森の中に男爵の屋敷があるのも、かつて使われた砦だか城だかを建て直したからだと聞いた。そしてこの土地は、数十年前まで、耐えず数々の異民族と帝国とが争った場所だ。もし、この地下室が戦乱の最中に使われていたものだとしたら、レーシャは生き延びるという決意を持って希望の糸口を探し、おぞましい遺物が転がる部屋の壁中、床中を大急ぎで探した。

 

カツン、カツン、と足音が迫り、男爵が地下へ降りてきているとレーシャが確信した時、彼女は床のタイルの一部をずらし、脱出用の地下通路を発見した。ドレスをたくし上げ、狭い穴の中をレーシャは死に物狂いで這って進み、地上へと出た。沈みかけの太陽の光を浴びながら、レーシャは地上への出口がふさがっていなかったことを神に感謝した。地下通路の出口は、森の出口、小川の手前にあった。男爵は彼女が姿を消したことに気がついているだろうと、レーシャは休むこともなく、そのまま何とか氷が張った川を渡り、暗くなっていく森を抜け出た。幸い吹雪いてはいなかったが、外の空気は冷えて、レーシャの服装では夜も越すことは難しい。それでも戻るわけには行かず、ひたすら歩いたところで、商人の一行に出会った。レーシャは彼らに頼めば実家のある街まで連れて行ってくれるかもしれないとも思ったが、彼女を男爵の元に戻すかもしれない父の家に戻ることは諦めた。理由あって乱暴者から逃げており、庇護を求めていることを商人に話すと、彼らは「幽霊伯爵」と噂される伯爵が一番近い権力者であると言い、その城の前をちょうど通ってきたと地図を書いてくれた。レーシャも風変わりで人嫌いの伯爵の噂を耳にしたことはあったが、幽霊でもなんでも、悪魔から逃げ切るためなら縋りたいと思った彼女は、身につけていた貴金属と引き換えに、商人たちから一頭馬を借りた。

彼らが彼女を襲わない善良な商人であったこと、街で取引を終え、荷を下ろしていたこと、数々の偶然に感謝しながら、レーシャは長い金髪が解け、風に乱れるのも気にせず、夜の闇の中を駆けて行った。