婚礼の二週間前、レーシャは家から離れた、森の中にある男爵の館に引っ越すことになった。父を説得できなかったレーシャは馬車で連れて行かれる時に身投げしてやろうかと思うほど、乗り気でなかった。彼女はまだ十八で、恋や愛に幻想を抱き、幾多の未来の可能性、いつか都に行き、そこで出会う都会や異国の紳士が、彼女を知らぬ世界に連れて行ってくれることを、毎夜夢見ていた。それが舞踏会で彼女を見初めたのは、人殺しと噂される男だとは!彼女は何日も枕を濡らした。夜の暗闇に包まれるたび、恐怖と後悔の念が湧き上がった。

 

遠目に見た時、男爵は確かに整った顔立ちに見えたが、彼は妻を三人、それに愛人も殺したかもしれない男だ。それに、新しい愛人の少年もいるという。自分は彼の屋敷で、一体何日生きられるのだろうか?まだこの国で一番美しいという都の宮殿も、別世界のようだという東の大国も見ていないのに、恋もしたことがないのに、短い生涯を終えるのだろうか。親しい友人たちとも、幼い頃から飼っている愛犬とも、いつも彼女を揶揄うが、心やさしい幼馴染とも会えなくなるのだ。趣味として始め、その上達ぶりを姉たちに褒められたレースの刺繍もまだやり残した作品がある。いつかは自分で刺繍したレースを売ることもほんの少し夢見ていたというのに。

 

閉ざされた未来と、愛しい人々を想ったレーシャはとても悲しくなった。しかし、彼女の父親に何度レーシャが求婚を断るよう懇願しても、父はお前のためだと言い、聞き入れることはなかった。再三説得に失敗したレーシャは父にとって自分も商品に過ぎず、その上傷ついてしまってもいい商品なのだと実感し、運命の女神ドーリャに抗うことを諦めた。

男爵が彼女を迎えに来る頃、何日も泣いたレーシャの目はすっかり赤くなってしまっていた。家にある一番高価なドレスに身を通し男爵と対面したレーシャだが、男爵は存外白馬に乗ったツァーリのように威厳と麗しさを持ち合わせていたので、幾分それで気が晴れた。地獄への道案内だと思って乗った馬車でも、彼と談笑しているうちに森の中の館についてしまった。屋敷は生い茂るアカマツの森で外から隔てられていたが、華やかで繊細な外観で、小さな宮殿のようだった。裕福とはいえ平民のレーシャにとっては、暗い噂を忘れてしまうほど、浮き足立ってしまう程新しい夫も、新しい家も眩しかったのだ。誰が若いレーシャが男爵に惹かれたことを責められるだろうか?どれ程疑わしい事実があったとしても、誰もが彼の虜なのだ。男爵の美しい小姓もまた、レーシャの不安を裏切り、彼女を丁重に、男爵の妻として扱った。

 

「私はもとより男爵と彼が妻として私を尊重してさえくれるなら、美しい小姓と男爵の関係は気にしておりませんでした。その方が、男性に不慣れな私としても気楽だと思ったのです。男爵は愉快な人で、色々な話で私を楽しませてくれました。私は、彼の家で亡くなった人々のことなど忘れ、彼との結婚生活に希望を抱き始めていました。しかし…」

 

レーシャは表情を曇らせ、毛布をぎゅっと掴んだ。伯爵は無理に話さなくていいと言おうとしたが、エリクの身の安全が気になり、声に出せなかった。レーシャは、深呼吸すると、震える声でまた話し始めた。